2017年5月15日 (月)

2017F1R5スペインGP

今年のF1は本当におもしろい。
とにかく大幅なレギュレーション変更があったにも関わらず、各チームの格差が狭まったことが大きい。
そしてクルマの性能が大幅に向上したことで、それを操りきれているドライバーと制御し切れていないドライバの差が顕著に表れるようになった。
昨年までは、順位がチームごとに並ぶことが多かったが、今年はたとえば、ハミルトンとベッテルが激しい争いを繰り広げている一方で、同じチームのライコネン、ボッタスは、コンスタントに差をつけられてしまっている。
では、彼らがそんなにダメなドライバーなのかというとそんなことはなく、ライコネンは言うまでもなくチャンピオン経験者であるし、ボッタスはチーム移籍直後でなじんでいない面もあるし、そもそも予選のタイム差に関しては昨年のハミルトンとロズベルグよりも少ないくらい。

スタートではベッテルが好ダッシュを見せ、1コーナーまでにハミルトンをオーバーテイク。
その後ろでは、ボッタスとライコネンが軽く接触した弾みで、ライコネンとフェルスタッペンがクラッシュ。両者リタイアとなる。
さらにその影響を受け、7位スタートだったアロンソがマッサと接触しコースオフ。
これで後続が混乱し大幅に順位が変動。
3位以下はボッタス、リカルド、そしてペレス、オコンのフォースインディア勢が続き、7位にヒュルケンベルグ、マグヌッセン、サインツ、グロージャンと続く。

トップはベッテルがハミルトンとの差を3秒ほどまで広げる展開。
これまでのレースからすると、フェラーリの方がタイヤに余裕があることが多く、ハミルトンの動きを見ながら戦略を臨機応変に変えられるのかと思っていたが、先に動いたのはフェラーリの方。14周目にピットインしてソフトタイヤに変更。

ハミルトンは21周目まで引っ張り、ここでミディアムタイヤに変更。
これでは差を詰められず後半勝負に持ち込む模様。
一方、まだタイヤ交換を行っていない3位のボッタスは、すぐ後ろにまでベッテルに迫られる。
抜きにくいバルセロナのコースに、メルセデスのエンジンパワーもあり、ボッタスを抜けない。
結局2周に渡り足止めに遭い、ハミルトンとの差が一気に縮まる。

34周目にバンドーンがインに入ってきたマッサに気づかず(?)、1コーナーで接触。
バンドーンはサスペンションを壊してリタイア。
これでバーチャル・セーフティー・カーが入る。中段チームはこのタイミングで一気にピットインしてタイヤ交換。
トップ争いのベッテル、ハミルトンはそのままコースを走り続ける・・・と思っていたところ、VSC解除とほぼ同時にハミルトンがピットイン。
最後のピットインでソフトタイヤに変更。

ベッテルの方はこの後ミディアムタイヤに替える必要がある。
この時点で現在のセットは約20周。残りは約30周。
既に摩耗したソフトタイヤのベッテルはタイムの向上を期待できず、一方のハミルトンは新品のソフトタイヤで差を詰めてくる。
ベッテルはすぐに反応し、ハミルトンの翌周38周目にピットイン。

ピットアウトすると、アウトラップを終えたハミルトンとバッティング。
1コーナーは完全に横並びとなり、ハミルトンがコース外に軽く押し出される。
ベッテルが何とか順位をキープし、残り28周を争う。

39周目、ボッタスのエンジンが壊れリタイアとなる。
ボッタスは土曜日の朝、新しいエンジンに問題が発覚し、前戦ソチまで使用していた古いエンジンに戻していたため、マイレージが厳しかったのかもしれない。

ベッテルとハミルトンの争いは、明らかにハミルトン有利。
ベッテルは毎周何とか1コーナーをしのぎきるが、44周目完全にスリップにつかれて万事休す。

しかし、オーバーテイクしたハミルトンの方も、タイヤを酷使しており、すぐにペースダウン。
このソフトタイヤで30周近くを走らなければならない。
ベッテルはすぐに差を詰め直すが、DRSを使える1秒以内というところまでは迫れない。
その後は、ベッテルの方もミディアムタイヤの状態が良くならず、ペースアップできずに、一度は3回目のピットストップでソフトタイヤに換える戦略も上がる状態。

結局ハミルトンが最後まで逃げ切り、今季2勝目。
2位にはベッテル。
3位にはレッドブルのリカルドが今季初表彰台。
4位、5位にはペレスとオコンのフォースインディア勢。これで5戦連続2台入賞。コンストラクターズランキングも4位をキープしている。
6位にはヒュルケンベルグ。こちらもバーレーンから3戦連続入賞でルノーは着実に調子を上げている。
7位にはサインツ。地元スペインでデビュー以来3年連続入賞となった。
8位はザウバーのウェーレイン。5秒ペナルティを受けたものの、1ストップ作戦を成功させ見事今季初ポイント。
9位はクビアト、10位はグロージャン。
予選7位で期待されたアロンソは12位となった。

決勝順位は下記の通り。
1 ハミルトン メルセデス
2 ベッテル フェラーリ
3 リカルド レッドブル
4 ペレス フォース・インディア
5 オコン フォース・インディア
6 ヒュルケンベルグ ルノー
7 サインツ トロロッソ
8 ウェーレイン ザウバー
9 クビアト トロロッソ
10 グロージャン ハース
11 エリクソン ザウバー
12 アロンソ マクラーレン
13 マッサ ウィリアムズ
14 マグヌッセン ハース
15 パーマー ルノー
16 ストロール ウィリアムズ

2017年4月 9日 (日)

2017F1R2中国GP

金曜日のフリー走行が濃霧のためメディカルヘリが飛べないからという理由でキャンセルになった2017年の中国GP。
土日の天気予報も雨の予報で波乱の予感。

予選は結局雨は見舞われず、ポールポジションは順当にハミルトン。
2番手には最後の最後でボッタスを上回ったベッテル。その差は僅か0.001秒。
4番手にライコネン、5番手にリカルドは順当として、6位に入ったのはウィリアムズのマッサ。
チームメイトである新人のストロールも初のQ3進出10位に入って、ウィリアムズは好調のよう。
リカルドのチームメイトであるフェルスタッペンはまさかのQ1KO。エンジンにミスファイアのトラブルが発生してしまい19位。
7位からはルノーのヒュルケンベルグ、フォースインディアのペレス、トロロッソのクビアトと、異なるチームの順位が続く。

メルセデスvsフェラーリばかりが注目されるが、中堅チームもかなりの混戦。
マクラーレン・ホンダ勢は、アロンソが13位、バンドーンが16位。

レースの方は、雨が上がり路面が乾いていく過程でのスタート。
トロロッソのサインツがスーパーソフトを履いた以外は全車インターミディエイト。

スタートは上位に大きな波乱無く、ハミルトン、ベッテル、ボッタスの順で、ライコネンは1つ順位を落とし、リカルドが4位に上がる。
19位スタートのフェルスタッペンは一気に順位を上げ、12位へ。マクラーレン・ホンダのアロンソも16位から9位まで順位を上げている。

しかし1周目からアクシデントが。
10位スタートのストロールがペレスに追突されスピンアウト。そのままグラベルにはまりリタイアとなる。
ここでVSC。
これを見たベッテルがピットイン。
それ以外の上位5台はステイアウト。
それより下位は全車ドライタイヤに変更。
ソフトタイヤに変えたフェラーリ勢はこのまま最後まで走りきるつもりらしい。
レッドブル勢は二人ともスーパーソフトで、もう一度交換予定。

VSCが解除されると、今度はジョビナッツィが最終コーナーでクラッシュ。
Q2を走れなかった昨日と同じようなクラッシュ(昨日はイン側、今日はアウト側だったけど。)

先ほど入らなかった上位5台も、ここでピットイン。
これで全車スリックタイヤに。
タイミング的には、2回目の方が良く上位5台は変わらず、その後ろにベッテルが6位でレース再開、と思ったところで、メルセデスのボッタスがまさかのスピン。
一気に12位まで順位を落とす。

レースが再開されると、フェルスタッペンが素晴らしい走りを見せる。
ライコネン、そしてチームメイトのリカルドも抜き、2位へ。トップを走るハミルトンの差も詰めていくが、途中からハミルトンがペースを上げて、一気に突き放す。
メルセデスはまだ余力があるようだ。

ベッテルはライコネンの後ろに詰まった状態が続くが19周目にオーバーテイク。そのままリカルドとの差も詰めていく。
そして22周目。このレースのハイライトシーンでもあるベッテルとリカルドのバトル。
タイやウォールのカラーマーキングが消えるほどのサイド・バイ・サイドの激しいバトルを経てベッテルがリカルドの前に。これで3位。
29周目にはフェルスタッペンを追い詰めたベッテル。長いストレートエンドの13コーナーでブレーキをロックさせたフェルスタッペンをオーバーテイク。
これでベッテルが2位。
フェルスタッペンはもう1周粘るものの、タイヤが限界、ピットイン。

トップはハミルトンとベッテルの静かな好バトル。
ベッテルが詰めれば、ハミルトンもそれに対抗してタイムアップ。応酬が続く。
そして、ハミルトンの無線からはこのタイヤでは最後まで走りきれないとのメッセージが。
そんな中、先に動いたのはベッテル。再びソフトタイヤに交換。
その翌周、ハミルトンもソフトタイヤに交換する。順位は変わらず。

タイヤ交換でトラブルになったのはライコネン。
ライコネンからはグリップを失っているとの無線があるも、チームは何故か動かず。
そうこうしているうちに、6位のサインツにまで順位を奪われてしまう。
その後、コース上で抜き返すも、不可解なピットインだった。

最後に見せ場を作ったのはレッドブル勢の二人。
DRSを使える間隔を維持し続け、最終ラップの13コーナーでリカルドがフェルスタッペンのインを伺うも、オーバーテイクには至らず順位キープ。

優勝は今季初優勝のハミルトン。
2位にはベッテル。3位にフェルスタッペン、4位に同じチームのリカルドが入った。
5位にはライコネン。6位には、セーフティーカー中のミスをここまで挽回したボッタス。
7位にはトロロッソのサインツ、8位にマグネッセン、9位、10位にフォースインディアのペレスとオコンが続いた。

チーム順にすると、メルセデス、フェラーリ、レッドブル、トロロッソ、ハース、フォースインディアと続いていて、予選で好調だったウィリアムズ、ルノーがポイント取れなかったので、ホントに各チームの差が小さいことがわかります。
レース後の、ハミルトンとベッテルの表情も、レースを満喫した!という笑顔で見ている方も満足でした。

今年のF1は、この先も楽しみです!

2016年10月11日 (火)

めまいにっき(4)

だいぶ間が開きました。
4月から勤務地、作業内容が変わったのですが、それを境に体調は改善しています。

それと同時に、仕事は忙しくなりましたが食生活明らかに改善されまして。
そうしたら、体調の方も良くなってきました。
3月までは、めまいの前兆で首のあたりが締め付けられる感じがあったのですが、それが無くなりました。
既に10月ですが、4月からの半年、一度も発生していません。

でも一応記録は残しておきます。

----

2016/3/2
3度めまい。
もう、いい加減慣れてきたので放置しておくと治った。
大丈夫だと思ってそのまま出社。大丈夫じゃ無かった・・・。

翌日3/3もめまい発生。昨日よりはだいぶ症状は軽かったが、大事を取って休暇。
このあたりで、やはり手はしびれていると認識。
この後、2日に1度くらいのペースでめまい。耳閉感も出てきた。

2016年5月18日 (水)

「1億総活躍」って結局何なのよ。

「1億総活躍」重要課題に 具体策なく
http://mainichi.jp/articles/20160227/k00/00m/010/161000c

成立…「1億総活躍」へ1兆1646億円
http://mainichi.jp/articles/20160120/k00/00e/010/208000c


結局のところ、予算とって人気取りのためにばらまくという、昭和の時代から続く自民党のお家芸。
そのばらまいたお金も、回り回って税金となり、国家公務員の給料として戻っていくのでした。

本当に活性化させたいのでしたら、役人は余計なことしないのが一番いいんですけどね。

そういえば、10年くらい前はチャレンジする機会を!失敗した人にはセーフティネットを、なんて話がありましたが。
今や「チャレンジ」なんて言葉はすっかり耳にしなくなりましたね。
そんな言葉を発したのは東芝の役員さんくらいです。。。

2016年4月27日 (水)

めまいにっき(3)

2/21
車で遊びに行った帰り、ちょっと疲れたかなとは思いつつ運転していた。
赤信号の交差点。全く記憶にないのだが(おそらく、歩行者信号が切り替わったためと思われるが)、目の前の信号は赤のままだったのに車を発進させてしまった・・・!
それほど車通りの多い道では無かったので事故には至らなかったが。。。
しかし、これはまだこの後の前哨に過ぎず。

帰宅。
自宅マンションの駐車場前に一旦停めて鍵を開けるために車を降りる。
降りたところで車がそろそろと動いていく・・・!

ギアをドライブに入れたまま車を離れてしまったのです。
車はそのまま駐輪場の柵に、大きな音を立てながらぶつかって停止。

慌てふためきつつも、車は駐車場に入れ、、、問題は駐輪場の柵。
1つしかない入り口部分が壊れてしまい、このままでは明日の朝、マンションの皆さんが駐輪場から出入りできなくなってしまう・・・。
警備会社の人を呼んで、いくつかの工具を駆使して何とかドアを開けられるように対処。
翌朝管理会社にも連絡し、その後も諸々対応に追われました。

対応の方はともかく、そもそも、何故ギアを入れたまま車を降りてしまったのか。
日頃、それほど意識せずとも忘れることなどない手順です。

今回はめまいと直接の関係はありませんが、何らかの関連があるのでは無いかと思い(あまり書きたくなかったことではありますが)、書き残しておきます。

«めまいにっき(2)

聴きました。

  • レミオロメン: ether「エーテル」 (★★★★)
  • 平井堅: 歌バカ (★★★★★)
  • ORANGE RANGE: NATURAL (★★★)
  • L'Arc〜en〜Ciel: AWAKE (★★★★)
  • スキマスイッチ: 空想クリップ (★★★★)
  • Mr.Children: I love U (★★★★★)
無料ブログはココログ