« 友人の結婚式 | トップページ | 大雨 »

2005年8月29日 (月)

FN2005 R7 FUJI

 改修後2回目の富士スピードウェイでのレース。
 前回は途中、雨が降ったため、今回が実質、初めてのドライレース。

 予選はリチャード・ライアンがトップ。
 2位に本山哲。
 ランキング2位で、本山を追う井出有治は6位に終わっている。
 また、先日の美祢のレースで素晴らしい走りを見せたロニー・クインタレッリが4番手と好ポジションをキープしている。
 また、5位に片岡龍也、8位に山本左近が入っており、この若い二人の走りにも期待が集まる。


 さて、レースがスタートすると、ポールポジションのライアンが失速。
 2番手の本山に至っては、エンジンストール。
 復帰に手間取った本山は、周回遅れでのスタートとなってしまい、事実上、レースから脱落する。

 トップに立ったのは、予選3番手のアンドレ・ロッテラー。
 昨年は最終戦までチャンピオンを争ったが、今季は未だノーポイント。
 久々のチャンスが訪れた。

 2番手に上がってきたのは片岡龍也。
 この二人がレースを引っ張っていくことになる。

 以下、クインタレッリ、松田次生、ライアン、井出と続く。

 今回はほとんどのクルマがノーピット作戦を選択しているが、1ストップ作戦を選択したのがライアン。
 そのため、マシンも軽く、7周目には6台を抜き、トップに立つ。
 しかし、ピットに入ると40秒〜50秒のタイムをロスするため、それだけの圧倒的な差をつけておかなければならない。

 レース中盤のポイントは、山本左近と井出のバトル。
 共にノーピット作戦の2台は、明らかに山本の方が速いのだが、井出が要所要所で山本を抑え込む。
 そしてその後方から、土屋武士も追ってくる。

 41周目、ライアンがピットに入る。

 そして43周目、1コーナーで山本が井出のインを突く。
 しかし井出も、コカコーラコーナーに向けてマシンを横に並べ、サイドバイサイドのバトルが続く。
 その背後からは、土屋がしっかりと井出の後につく。
 10コーナーで、山本は確実に1車身以上前に出て、3位の座を確実なものとする。

 更に山本は、片岡との差も詰め、2位の座を狙う。
 そしてついに52周目の1コーナーで片岡をオーバーテイク。2位に上がる。

 しかし、その直後の53周目の最終コーナーでアクセルオンを焦った山本は単独スピン。
 テレビでは、解説のジローさんが「ここで山本はミスしたくないですよね」と言った直後・・・。
 ここに至るまでの走りが素晴らしかったが故に尚更、ミスが悔やまれる。

 1ストップ作戦を選択したライアンは、4番手まで追い上げるものの、気温が上がらなかったこの日は、ノーピットの各チームは予想以上に燃費がよく、ライアンの追い上げもここまで。

 レースはスタートでトップに立ったロッテラーがそのまま優勝。
 今季初ポイントが優勝の10ポイントとなった。
 2位にも、同じく今季初ポイントの片岡龍也。
 3位には、井出有治。
 4位にライアン。
 5位に土屋武士。
 そして6位には、終盤服部尚貴の猛追を抑えきったルーキーの平中が入った。

« 友人の結婚式 | トップページ | 大雨 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11335/5787750

この記事へのトラックバック一覧です: FN2005 R7 FUJI:

« 友人の結婚式 | トップページ | 大雨 »

聴きました。

  • レミオロメン: ether「エーテル」 (★★★★)
  • 平井堅: 歌バカ (★★★★★)
  • ORANGE RANGE: NATURAL (★★★)
  • L'Arc〜en〜Ciel: AWAKE (★★★★)
  • スキマスイッチ: 空想クリップ (★★★★)
  • Mr.Children: I love U (★★★★★)
無料ブログはココログ