2005年8月29日 (月)

FN2005 R7 FUJI

 改修後2回目の富士スピードウェイでのレース。
 前回は途中、雨が降ったため、今回が実質、初めてのドライレース。

 予選はリチャード・ライアンがトップ。
 2位に本山哲。
 ランキング2位で、本山を追う井出有治は6位に終わっている。
 また、先日の美祢のレースで素晴らしい走りを見せたロニー・クインタレッリが4番手と好ポジションをキープしている。
 また、5位に片岡龍也、8位に山本左近が入っており、この若い二人の走りにも期待が集まる。


 さて、レースがスタートすると、ポールポジションのライアンが失速。
 2番手の本山に至っては、エンジンストール。
 復帰に手間取った本山は、周回遅れでのスタートとなってしまい、事実上、レースから脱落する。

 トップに立ったのは、予選3番手のアンドレ・ロッテラー。
 昨年は最終戦までチャンピオンを争ったが、今季は未だノーポイント。
 久々のチャンスが訪れた。

 2番手に上がってきたのは片岡龍也。
 この二人がレースを引っ張っていくことになる。

 以下、クインタレッリ、松田次生、ライアン、井出と続く。

 今回はほとんどのクルマがノーピット作戦を選択しているが、1ストップ作戦を選択したのがライアン。
 そのため、マシンも軽く、7周目には6台を抜き、トップに立つ。
 しかし、ピットに入ると40秒〜50秒のタイムをロスするため、それだけの圧倒的な差をつけておかなければならない。

 レース中盤のポイントは、山本左近と井出のバトル。
 共にノーピット作戦の2台は、明らかに山本の方が速いのだが、井出が要所要所で山本を抑え込む。
 そしてその後方から、土屋武士も追ってくる。

 41周目、ライアンがピットに入る。

 そして43周目、1コーナーで山本が井出のインを突く。
 しかし井出も、コカコーラコーナーに向けてマシンを横に並べ、サイドバイサイドのバトルが続く。
 その背後からは、土屋がしっかりと井出の後につく。
 10コーナーで、山本は確実に1車身以上前に出て、3位の座を確実なものとする。

 更に山本は、片岡との差も詰め、2位の座を狙う。
 そしてついに52周目の1コーナーで片岡をオーバーテイク。2位に上がる。

 しかし、その直後の53周目の最終コーナーでアクセルオンを焦った山本は単独スピン。
 テレビでは、解説のジローさんが「ここで山本はミスしたくないですよね」と言った直後・・・。
 ここに至るまでの走りが素晴らしかったが故に尚更、ミスが悔やまれる。

 1ストップ作戦を選択したライアンは、4番手まで追い上げるものの、気温が上がらなかったこの日は、ノーピットの各チームは予想以上に燃費がよく、ライアンの追い上げもここまで。

 レースはスタートでトップに立ったロッテラーがそのまま優勝。
 今季初ポイントが優勝の10ポイントとなった。
 2位にも、同じく今季初ポイントの片岡龍也。
 3位には、井出有治。
 4位にライアン。
 5位に土屋武士。
 そして6位には、終盤服部尚貴の猛追を抑えきったルーキーの平中が入った。

2005年8月25日 (木)

フォーミュラニッポン大変革!トヨタ参戦へ!

 2006年のフォーミュラニッポンシリーズ概要が発表された。
 それによると、何と「トヨタとホンダの2社が専用エンジンを開発・供給」とのこと。

 かつての全日本F3000が廃止となり、フォーミュラニッポンになったのが1996年。
 それから10年目を迎えるタイミングで、ホンダ・トヨタの参戦とは、非常に良いタイミング。

 スペックの方は3リッターV8とのことで、ここまではこれまでと同じ。
 変わるのは回転数の方で、これは1万回転と、これまでの9000回転よりも1000回転アップする。
 スペック上に550馬力との記載もあるが、これも制限となるのか、あくまでも目安なのかは不明。

 また、リリースを読んでいると、「ホンダも初参戦」との記載もあり、これまでの無限(M-TEC)としての参戦ではなく、完全な”ホンダワークス”での参戦となる。


 シャシーのほうも一新される。
 マシンはベンチュリマシン(※)となり、マシン性能がアップ(ダウンフォース10%アップで、一周3秒から5秒のタイム向上とのこと!)。
 更には、オーバーテイクのしやすさも考慮しているとのことで、レース内容としては、既に結構満足な今のフォーミュラニッポンだけど、更に面白くなる可能性大!

 今から来年のフォーミュラニッポンが楽しみ!


 ・・・2メーカーがまた泥仕合を始めないことを祈るばかり。

※ベンチュリー効果とは。
 マシン下部で”ベンチュリー効果”と呼ばれる空気の流れによる現象を起こさせ、マシン性能を上げる技術。F1では1982年までこのベンチュリー効果を発揮していたが、あまりにも速くなり過ぎた為、1983年から”フラットボトム”(マシン下部を平らにすることにより、ベンチュリー効果が発揮されにくくなる)となった。
 今回のFNでも、ワンメイクであるが故、限定的なベンチュリー効果にとどめられているはず。

2005年8月 3日 (水)

2005 FN R6 MINE

 いつも波乱の多い美祢。

 今回は、インパル3台の1-2-3という予選でのスタートとなった。
 前戦、雨の鈴鹿で優勝し、ランキングトップに踊り出た本山は3位。
 1位はトレルイエ、2位井出となっている。

 チャンピオンを争う、Docomoダンデライアンのリチャード・ライアンは、予選10位に沈んでいる。

 レースがスタートすると、インパルの3台は順当なスタート。
 4位には、素晴らしいスタートを見せた松田次生。8位から4位までジャンプアップする。

 5位にはPIAA NAKAJIMAのアンドレ・ロッテラー
 6位に片岡龍也、7位にロニー・クインタレッリという順位。

 トップをキープしたトレルイエは、一気に井出を突き放していく。

 3周目、コースのど真ん中で小暮、野田、ライアンの3台が接触。
 小暮、野田は完全にマシンが破損しており、そのままリタイア。
 ライアンはなんとか復帰し、セーフティカーが導入されたことも手伝って、それほど大きくないロスで、レースに復帰している。

 30周目、トップを争うトレルイエと井出有治の差は一気に1秒以内となる。
 トレルイエがタイムを落としていくのに対し、井出の方は20秒台中盤のラップを淡々と刻み続ける。
 32周目、トレルイエがピットイン。
 タイヤだけではなく、給油も行い、18秒台のピット作業。
 36周目には本山もピットイン。
 本山も給油を行い、16秒台のストップ。
 続いて37周目には片岡がタイヤ交換のみのピットイン。
 その翌周には、松田が給油とタイヤ交換のピットインを行っている。

 このあたりで本山が、まだピット作業を行っていないライアンに追いつくが、ライアンが厳しいブロック。
 本山も、ギリギリまで厳しく攻めるが、ライアンは隙を見せない。
 その間に、後方の松田次生が一気に差を詰め、3台のバトルとなる。
 43周目、ついに最終コーナー手前でライアンがブレーキミスをし、その間に本山、松田が、ライアンの横を通り過ぎる。

 この後、トレルイエにドライブスルーペナルティが出るが、インパルはこれに抗議。
 トレルイエはピットに入らない。

 49周目、ここまで引っ張った井出有治がようやくピットイン。
 ピット作業は給油とタイヤ交換で18秒。
 悠々と本山の前に復帰。

 その本山の後方には、相変わらず松田がついている。

 一方この時点でトップを走っているのは、未だピットインしていないクインタレッリ。
 このまま無給油の可能性もある。

 一方、もう1台無給油のままコースに残っているのが土屋武士。
 この土屋に本山が追いつき、再びテール・トゥ・ノーズのバトルが繰り広げられる。

 本山が土屋を抜きあぐねている間に、井出がクインタレッリに追いつき、こちらでもバトル。
 こちらは、56周目の1コーナーでオーバーテイク。

 ここでトレルイエに失格のアナウンス。
 ペナルティ後、チームが抗議を行い、その間に制限の3周を過ぎてしまったということで失格となった。

 61周目、1コーナーのブレーキングで土屋がミス。
 その間隙を突き、本山、そして松田が土屋をオーバーテイク。

 一方、チャンピオンを争うリチャード・ライアンがここでリタイア。
 チャンピオンを争う、本山や井出には有利な展開となる。

 レースはこのまま終了。
 井出は最後まで20秒台のラップを刻み続け圧勝。
 そして2位には、まだデビュー3戦目のロニー・クインタレッリ。
 以下、本山、松田、土屋と続いた。

 これでチャンピオンシップは、トップ本山が36ポイント。
 2位に井出が上がって28ポイント。
 今回ノーポイントだったライアンは25ポイントで3位。
 まだまだチャンピオン争いは混沌としている。

2005年7月 4日 (月)

FN2005 R6 SUZUKA

・・・見逃してしまった。
これで、今季、本山が優勝した2レースのみを見逃していることに・・・。

しかも、こんな日に限って、しっかりと日曜のテレビ中継。
最悪やん。

2005年6月14日 (火)

2005 FN R4 FUJI観戦記

2005 FN R4 FUJI

 またしても過去の話となってしまったが、6月6日に行われたフォーミュラニッポン第4戦FUJIに行ってきた。
 新装富士スピードウェイ、初のフォーミュラニッポン開催レース。

 新しい施設とサービスの確認、新しいコースでのレース展開、そしてデジカメでの流し撮りにチャンレンジ。
 以上3点を見所に、久しぶりのレース観戦。


 朝5時に起きて・・・のつもりが、実際に起きたのは午前7時。
 慌てふためいて家を出たのが午前8時前。
 そこから御殿場までは、電車で約2時間。

 ふと過去を探してみると、富士に行くのは既に4年ぶりということがたった今判明!
 そんなに長いこと遠ざかっていたとは、我ながら驚き。

 さて、新しくなった富士スピードウェイは、まず、もてぎっぽくなったなぁというのが第1印象。
 最新の設備を備えたサーキットというと、ツインリンクもてぎしかないわけで、それは至ってノーマルな反応かもしれない。

 サーキットの周回道路は綺麗に舗装され、トイレも綺麗になり、自動販売機の数も増えた。
 スタンドも綺麗になり、芝生も綺麗に。
 すっかり快適な空間に。
 これならこれまでは結構厳しかったと思われる(というか、明らかにオンナのほうが仕方なく男に着いてきたという絵柄しか思い浮かばなかった)デートにも耐えられるだろう。
・・・いや、連れてく相手は居ないケド。

 懸念された写真撮影場所については、予想以上にマトモだったかも。
 デジカメにして、倍率が上がったからかもしれないけど、1コーナーイン側や10〜12コーナー、最終手前の15コーナーあたりも撮影ポイントとして成り立つかな、と。
 ただし、これまで撮影ポイントの王道だったヘアピンでの撮影は、かなり厳しくなるかも。
 改修されたコカコーラコーナー(かつてサントリーコーナーと呼ばれていた場所・・・皮肉なものだ)も、撮影は可能そうだったが、人が多かったのでやめた。

 ただし、いずれも300mm(35mmレンズの場合。デジカメであれば10倍ズーム)くらいの望遠は必要だろう。
 確かにかつての富士は200mmでも充分と言われていた気もするので、それと比較してしまうと物足りないのかもしれない。

 デジカメでの流し撮りは全然ダメ!
 折りしも、最近トヨタと仲良しのPanasonicのLumix-FZ20なのだが、機能を全く使いこなせないまま一日が過ぎてしまった。

 以下、全然流れていない写真。
 最初に、このレースの優勝者、J-P.オリベイラ
20050606F3-36


 次は、一番上手く撮れた、童夢F107に乗るロベルト・ストレイト
20050606F3-01


2005年4月 6日 (水)

2005フォーミュラニッポン開幕戦

 予選では、IMPUL勢が1位から3位までを独占。ダンデライアンの2台が続き、その後に5ZIGENの松田次生。更にその後には、ル・マンの土屋、片岡が続く。
 トップチームの一角、NAKAJIMAは小暮とロッテラーが、それぞれ10・12位でのスタートとなっている。
 このレースがデビュー戦となる平中克幸が11番手。
 期待された高木虎之介は13位。

 このNAKAJIMAの小暮とロッテラーは、決勝前のフリー走行で1位−3位を獲得。
 決勝への期待を抱かせる。


 レーススタート直後、3コーナーでトレルイエが本山をオーバーテイク。
 2位に躍り出る。
 その後方では、土屋武士がタイヤをダートに落とし、12位までドロップダウン。

 本山を抜いたトレルイエのペースは速く、バックストレートで井出に追いつく。
 しかし、その直後、ビクトリーコーナーへの進入でタイヤをダートに落としてハーフスピン。
 8位まで順位を落としてしまう。

 トップの井出と本山が1−2体制を維持したまま。
 3位にはライアンが上がり、NAKAJIMAの小暮とロッテラーが6−7位まで上がってくる。

 3周目、小暮が松田との接触から離脱。

 その後も、松田の後方には、服部、ロッテラーら6台の行列ができる。

 6周目でロッテラーとトレルイエが共に服部を交わし、13周目までに松田と本山も交わして、3-4位まで追い上げて、残すは井出、ライアンのみとなる。
 ここでの、松田次生、ロッテラー、トレルイエの三つ巴の戦いは、非常に好バトル。
 その後方のベテラン服部、新人の平中、2年目の片岡が虎視眈々と後をつける展開が、より緊張感を増す。
 12位スタートのロッテラーは、この時点で9台抜きの3番手。

 14周目、先陣を切って平中がピットイン。

 17周目、先頭グループの先陣を切ってロッテラーがピットイン。燃料が少なめだったのか。
 しかも、ここでエンジンストール!
 10秒以上後方にいた松田次生の後塵を拝することとなり、13位まで転落。

 20周目にはトレルイエがピットイン。
 こちらは無難にピットインを行い、ロッテラーの5秒ほど前。11位で復帰。

 26周目、本山がピットアウト。
 平中、ロッテラーの前に出るが、2台ともあっという間に本山を交わして行く。

 32周目にリチャード・ライアンがピットイン。
 ピットアウトするライアンの前を、既にピットを終えているトレルイエが前に出る。

 続く33周目、井出がピットイン。
 トレルイエのピット作業が18秒台に対して、井出が22秒台。
 井出は、トレルイエだけではなく、ライアンにも前に行かれてしまう。

 34周目に服部がピットイン。
 16秒台という短いピットストップで、一気に本山の前に出て6位で戻る。

 37周目、ロッテラー、そして38周目には平中がピットイン。
 2ストップ作戦の存在が露になる。

 そして40周目にはトップ走行中のトレルイエもピットイン。
 トレルイエは、終盤、ル・マンのチームメイト同士の争いの間隙を突き、6位でフィニッシュする。

 49周目、平中が、トヨタの大先輩高木虎之介をパス、と、その直後、虎之介の後方を伺っていたロッテラーが追突。フロントウィングを破損して、三度ピットイン。大きく順位を落とす。

 トップは、ライアンと井出で1−2。
 そしてその後、3位に服部。4位本山、5位に土屋、6位トレルイエ。ここまでがポイントを獲得した。

聴きました。

  • レミオロメン: ether「エーテル」 (★★★★)
  • 平井堅: 歌バカ (★★★★★)
  • ORANGE RANGE: NATURAL (★★★)
  • L'Arc〜en〜Ciel: AWAKE (★★★★)
  • スキマスイッチ: 空想クリップ (★★★★)
  • Mr.Children: I love U (★★★★★)
無料ブログはココログ