« 2014年10月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年6月

2015年6月21日 (日)

2015F1ホンダF1再参戦

タイミング少しずれていますがF1の世界ではマクラーレン・ホンダが復活しました。
1988年~1992年までのホンダ第2期F1参戦を知っている方々からすれば懐かしいことこの上ないですし、ドライバーはフェルナンド・アロンソ(2005,2006)とジェンソン・バトン(2009)のチャンピオンドライバー二人。
結果にも期待せざるを得ないでしょう。

しかし、実際にシーズンが始まってみると、開幕前のテストからトラブルが相次ぎ、車はマトモに走れない状況。
開幕戦のオーストラリアGPでは、バトンがポイント獲得目前の11位完走となるが、アロンソに変わって出走したケビン・マグネッセンはスタートすることすらできずにリタイア。
第2戦のマレーシアGPでは暑さのため信頼性に難のあるマクラーレン・ホンダには厳しい戦いが予想されたが、案の定2台ともリタイア。
第3戦の中国GPでは初の2台完走。長いストレートがありエンジン負荷の高いレースでの結果とあり、少しは上向くかと思われたが、この後バーレーン、スペインと大きな進歩が見られることはなく。
そして第6戦モナコGPはエンジンパワーがあまり影響しない低速レース。ここでバトンが8位入賞。
しかしその次のエンジンパワーが重要視されるカナダGPでは2台ともリタイア。

唯一の入賞レースが最もエンジンパワーを必要としないモナコGP。そしてその次のカナダでダブルリタイアというところがホンダの窮状を表して入ると思います。
しかも、今年はレギュレーションにより、年間9箇所の改良しか許されていないのですが、そのうちの2つを使用して改善した新型エンジンを投入してのカナダGP。

正直なところ、このような結果はおおむね予想通りともいえます。

あの全盛期であった第2期のマクラーレン・ホンダ時代でさえ、いきなりのF1参戦ではなく、1980年にF2というF1の下のクラスで実績を積み、83年からF1復帰。
こちらも今回のマクラーレンのような有名チームではなく、スピリットという小規模チームとのタッグでした。
その年の最終戦からホンダエンジンはウィリアムズも使用することとなり(当時はシーズン中のエンジンメーカー変更もあった)、1984年のアメリカGPで初優勝を遂げます。
コンスタントに勝利をあげられるようになったのは1985年。そして第2期始めてのチャンピオンは1986年になってからです。

当時とは当然情勢は違いますし、今となってはホンダは世界に名だたる自動車メーカでもありますから、同じやり方で挑むわけにはいかないでしょう。
とはいえ、当時はそれほどの年月をかけ、着実に進歩を遂げていった結果として1988年の16戦15勝という圧倒的な強さにたどり着いたわけです。
第4期再参戦から半年。まだ何らかの結果を望むには時期尚早すぎると思います。

参考・Hondaのチャレンジングスピリット>F1参戦 - 第2期 - / 1983
http://www.honda.co.jp/50years-history/challenge/1983formulaoneentry2/

2015年6月19日 (金)

選挙権年齢引き下げ

選挙権年齢18歳以上に 改正公選法が成立
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150617/k10010117431000.html

表題の通り、選挙権を得る年齢が引き下げられ、二十歳から18歳になるそうです。
随分急に決まった印象を受けますが。
しかも、参議院本会議では230全議席の賛成での決定だそうで。

選挙権年齢を18歳に引き下げること自体には全く反対する気は無いのですが、そもそも選挙権だけの話なのかというのが一点。
最近よく言われる、少年法もそうですし、飲酒やたばこについても現状の20歳のままで良いのか、というのは疑問に思うところです。
そもそも、6・3・3・4制という学制を敷いている以上、20というのは中途半端なタイミングにならざるを得ないという矛盾を、大学進学率が大幅に高まった時代に変えられなかったのはいかがなモノかと思います。

また、選挙権年齢を引き下げるに当たって、教育の問題もついて回ります。
政治判断を行う上で、18と20でどれほど変わるのかというと、実はそれほど劇的に変わるものではないと思ってはいますが、若ければ若いほど、判断するための情報の蓄積は少なく、それだけ周りの意見に振り回されやすくなってしまいます。

そういった所をフォローする仕組みも作り上げていかないと、特定の人間の思うがままの世の中になってしまいかねません。

とは言いつつも、これからの高齢化社会、若者が積極的に政治に参加していかないと、これまで以上の福祉ばかりが充実し、産業が発展しない世の中になってしまいかねません。
せっかくの制度、有効に活用していっていただきたいです。

2015年6月17日 (水)

ガラホ~最新ケータイ事情

これからはガラホ 業界期待(2015年6月16日(火)掲載) - Yahoo!ニュース
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6163733

正直そんなに都合良くは行かないと思うのですけどね。
同時にこんなニュースも。

「格安SIM」90%増の326万契約に MM総研調査
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150617-00000519-biz_san-nb

通信大手の回線を借りてサービス提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)の市場規模について、MM総研は17日、3月末時点の契約数が3045万件で、前年比2.1%倍に増えたとの調査結果を発表した。

という私、実は先月末でガラケーを辞め、スマホ2台持ちになりました。
プライベート用、仕事用と分けて、仕事用をスマホにしていたのですが、通勤中などのニュースチェックをスマホでしているだけで、月の最低通信量(2G)を超えてしまうことがたびたび。

一方のガラケーは本当に使わなくなってしまったので、持っている意味が無くなってきつつありました。
何せ、電話すら滅多にしないものですから。
両親や親族の年に数回の通話&メールのみです。

元々、IT業界に関わる者としてスマホくらい触っておかないと時代の波に取り残される、という理由でiPhoneを買ったくらいのきっかけなので。
最近は、iPhoneだけでなく、Androidも触れるようにしておかないと、と思い始めていたのもあります。
(とか言いつつ、仕事は業務系システム開発なので、仕事でスマホ用アプリを作ったりは全くしないのですが)

そんな折、ASUSからZenPhone2が発売されるとのことで、東京デジタルホン~J-Phone~Vodafone~ソフトバンクと続いた流れを断ち切り、MNPで、ビックカメラ・IIJのみおふぉんに乗り換えました。

私は特にガラケーにもスマホにもこだわりはないのですが、ガラケーにこだわりのある方の意見を見ていると、どうしても過去に固執しているだけの気がします。
スマホのメリットは、外出先でWebを確認できるということ。ま、ガラケーでもできますが、情報量が圧倒的に違います。

あとは標準化。記事中でも

しかし、多額の開発費や市場の成熟を背景にメーカーの撤退・集約が進み、端末の需要も世界的にスマホへと移行。ガラケー対応の部品やOSに携わる技術者が減り、新機種開発は難しくなりつつある。

と、語られているとおり、これだけスマホが世界的に普及した今、製造台数が多い方が部品を大量生産し、安く供給することができます。
その結果、どうしてもガラケーの方が高くついてしまうのですね。

”ガラホ”になることで、ソフトウェアや一部の部品はスマホのものを流用することができるとは思いますが、小さい画面にボタン式のインターフェースが故に、スマホ用ソフトがそのままでは使用できないことも予想され、純正スマホには劣る場面が多々出てくるでしょう。

ソフトバンクモバイルの社長に就任した宮内社長は、下記の記事で、「ガラケーは最終的に必要ないと考えている」と断言しました。

「ガラケー必要ない」とSB社長。「ガラケー」「ガラホ」どう違う?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150526-00000004-wordleaf-sci

私もそう思っています。ただ、完全に消えるまでにはもう少し時間がかかると思いますけどね。

« 2014年10月 | トップページ | 2016年1月 »

聴きました。

  • レミオロメン: ether「エーテル」 (★★★★)
  • 平井堅: 歌バカ (★★★★★)
  • ORANGE RANGE: NATURAL (★★★)
  • L'Arc〜en〜Ciel: AWAKE (★★★★)
  • スキマスイッチ: 空想クリップ (★★★★)
  • Mr.Children: I love U (★★★★★)
無料ブログはココログ