« 真田丸第1回 | トップページ | 真田丸第6回 »

2016年1月27日 (水)

真田丸第2回

真田丸2回目も見ました。
今回は、武田勝頼が破棄した新府城から、真田の本拠地岩櫃城への逃避行。
ただ、注目すべきは滅び行く武田家の方でした。

放送後話題になったのは、武田勝頼の滅び様。
演じた平岳大の演技が良かったですね。
最近では歴史の教科書も書き換わったようですが、かつては
「長篠の戦いで3000丁の鉄砲隊を前に騎馬隊で無謀な突撃を繰り返して、武田家を滅亡に追いやった愚将」
という評価をされていました。
人質であった真田兄弟を父の元に戻すなど、情に厚く優しい人柄であるところを見せました。

また、非常に興味深かったのは、新府城に入った徳川家康に、
「勝頼は愚鈍な将ではなかった。父が偉大すぎたのか、取り巻きが無能だったのか」
と言わせています。
今回の真田丸では、こういう当時の事情や人間関係、力関係を、台詞の中に上手く盛り込んで視聴者に対する説明も兼ねている部分が多く見られます。

もう一つ、このシーンで徳川家康を演じているのは内野聖陽(うちのまさあき)。
2007年の大河ドラマ「風林火山」で武田家の武将・山本勘助を演じていました。
その内野に「武田が滅びてもうれしゅうない」と言わせてしまいました。
思わず「そりゃそうだ」とツッコミを入れたくなってしまいます。

徳川家で言うと、武田家が家臣の裏切りで滅びていった姿を見た徳川家康が「徳川家ではこのようなことはないであろうな」という言葉に、
家臣である石川数正の「徳川家中は一心同体、心配ご無用でございます」という台詞。
一見普通のやり取りに見えますが、この石川数正は4年後、豊臣秀吉の天下が近づいたと見るや、徳川を離れて豊臣の家臣になってしまうので。
よりによって石川数正にこの台詞を言わせるとは。三谷幸喜、完全に狙ってるでしょう。

さて。
本筋では、真田昌幸が織田信長の侵攻に対してどう対応するかという展開になってきました。

« 真田丸第1回 | トップページ | 真田丸第6回 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11335/63126909

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸第2回:

« 真田丸第1回 | トップページ | 真田丸第6回 »

聴きました。

  • レミオロメン: ether「エーテル」 (★★★★)
  • 平井堅: 歌バカ (★★★★★)
  • ORANGE RANGE: NATURAL (★★★)
  • L'Arc〜en〜Ciel: AWAKE (★★★★)
  • スキマスイッチ: 空想クリップ (★★★★)
  • Mr.Children: I love U (★★★★★)
無料ブログはココログ