« 真田丸第6回 | トップページ | 稚内IT妄想 »

2016年2月17日 (水)

真田丸第6回~北条氏政~

ようやく本格的に登場しました。
高嶋政伸演じる北条氏政。

北条氏政は、戦国大名の代表格でもある、北条早雲を初代とする後北条家の4代目です。
残念ながら決して有能な武将だったわけではありません。

先日も書いたように、初回、2回目の登場時は何故かご飯食べてるだけのシーンだったのですが、これは父である3代目の北条氏康に「毎日食べてるご飯にかける汁の分量もわからないとは。北条家は私の代で滅びるのか」と嘆いたという逸話によるものです。

そして実際に、最後まで豊臣秀吉に抵抗し、1590年ついに北条家は滅亡し、北条氏政も切腹することになります。
(ちなみに北条家5代目の北条氏直は高野山に追放後、その翌年に病死。男子はいなかったため北条家の直系は途絶えますが、氏直の弟氏規は、徳川家康と懇意にしており、その子氏盛が北条家を次ぎ河内狭山藩主として明治まで続いていきます)

しかしその一方で、1590年の豊臣家との開戦時点では、北条家は上野は沼田、下野も南半分を、また佐竹氏が治めていた常陸にも侵攻し、北条家の最大版図を築いたのです。
単なる無能な武将であったら、ここまで勢力を拡大することはできなかったでしょう。

豊臣秀吉に最後まで抗戦したのも、決して彼の独断ではなく、むしろ豊臣秀吉側が恭順しようとする北条家を、天下統一最後の一大イベントとするため受け入れなかったとの説もあります。

そんな北条氏政を、三谷幸喜がどう描き、高嶋政伸がどう演じるのか楽しみです。
それほど出番があったわけでもないのに、すでにこのドラマの中では異彩を放っています。


« 真田丸第6回 | トップページ | 稚内IT妄想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11335/63223919

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸第6回~北条氏政~:

« 真田丸第6回 | トップページ | 稚内IT妄想 »

聴きました。

  • レミオロメン: ether「エーテル」 (★★★★)
  • 平井堅: 歌バカ (★★★★★)
  • ORANGE RANGE: NATURAL (★★★)
  • L'Arc〜en〜Ciel: AWAKE (★★★★)
  • スキマスイッチ: 空想クリップ (★★★★)
  • Mr.Children: I love U (★★★★★)
無料ブログはココログ