« 2016年F1開幕 | トップページ | めまいにっき(1) »

2016年3月28日 (月)

真田丸第12回「人質」~上杉景勝~

あっという間に真田丸も12回目になりました。
上杉から北条、徳川と渡り歩き、上田城が完成するものの、沼田城引き渡しがモメ続け、結局再び上杉と手を組むことになります。
ここで真田信繁は人質として上杉家に行くことになるのですが。

これまで大絶賛の真田丸ですが、ここに来てあちこち引っかかり始めています。
一つは、黒木華と長澤まさみですが、まぁこちらは置いておきましょう。

もう一つはここから信繁が世話になる上杉家の描かれ方です。
上杉景勝は人生で一度しか笑わなかった、と言われるほどの人なのですが、遠藤憲一演じる上杉景勝は結構頻繁に笑顔を見せますし、もっと構えてる人のイメージでしたが、村上新悟演じる直江兼続とコミュニケーションがあります。
任せてるように見せて、結構自分の意見を言うあたりが、私が持っていたイメージには合わない感じです。
しかも結構お人好しなのですよね。
上杉家の家風として「義のために」というのはありますが、ここまでの上杉景勝は周りに良いように振り回されているだけな感じがしてしまいます。

そして大河ドラマにありがちで嫌いなのが、むやみやたらに主人公を持ち上げること。
この回では、領民間の争いに信繁が口を挟んで解決するという内容だったのですが、人質(しかもまだ15歳くらい)が相手方の領内の問題に口を挟むとかあり得ないと思うのですが。

「史実に無いところは想像を膨らませて」とは三谷幸喜が言っていた台詞ですが、ちょっと今回のはやりすぎかと。

この「真田丸」の隠しテーマは「二代目が抱えていた誇りとコンプレックス」だそうなので、この上杉景勝にも軍神・上杉謙信に対するコンプレックスがあるのだと思いますが、この先そういったところがどう描かれるのかもう少し様子を見てみましょうか。

« 2016年F1開幕 | トップページ | めまいにっき(1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11335/63409394

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸第12回「人質」~上杉景勝~:

« 2016年F1開幕 | トップページ | めまいにっき(1) »

聴きました。

  • レミオロメン: ether「エーテル」 (★★★★)
  • 平井堅: 歌バカ (★★★★★)
  • ORANGE RANGE: NATURAL (★★★)
  • L'Arc〜en〜Ciel: AWAKE (★★★★)
  • スキマスイッチ: 空想クリップ (★★★★)
  • Mr.Children: I love U (★★★★★)
無料ブログはココログ