« F1-2018開幕戦を終えて | トップページ

2018年4月30日 (月)

2018F1R4 アゼルバイジャンGP

今年のアゼルバイジャンGPはオープニングラップから大荒れ。
1周目から以下の面々が接触。
 ペレスvsオコン
 ライコネンvsオコン
 ペレスvsシロトキン
 アロンソvsシロトキンvsサインツ
 マグネッセンvsエリクソン
オコンとシロトキンはコース上にマシンを止めてしまい、早速セーフティーカー。
アロンソは二輪走行でピットへ。

再スタートではガスリーが好スタートを決め、7位まで躍進。
しかしストレートで全くスピードが伸びず、その後あっという間に12位まで転落。

ルノー勢が好調。レッドブルを抜き、サインツ4位。ヒュルケンベルグもリカルドを抜く。
レッドブル勢はバッテリが不足しているようで、ペースが上がらない。

ハミルトンはタイヤの消耗が激しいらしく、22周目にコースオフするとそのままピットへ。
前を走っていたベッテルはアンダーカットのリスクがあるがピットインせず。
これは正解で、ソフトタイヤのハミルトンはピットアウト直後はタイヤが暖まらず、ペースが上がらない。

レッドブル同士の争いが激しくなる中、27周目にリカルドが1コーナーでフェルスタッペンのアウトから抜きにかかるが、フェルスタッペンはタイヤを当てて抑えきる。
この後、35周目にようやくリカルドがオーバーテイク。
そしてその直後の37周目にリカルドがピットイン。翌週にはフェルスタッペン。共にウルトラソフトに履き替える。
先に入ったリカルド有利かと思ったが、フェルスタッペンが前でピットアウト。
再び二人のバトルが始まる。
そして39周目、いったんアウトに振り、インを突こうとしたリカルドに対し、フェルスタッペンがドアを閉め追突。両者リタイア。
再びセーフティーカー。
ここでトップ走行中でタイヤ未交換のボッタスがピットインでウルトラソフトに。
それと合わせて、ベッテルはじめ、上位は全員ウルトラソフトに交換。

すると何と、このセーフティーカー中にハースのグロージャンが単独クラッシュ。
ここで謎のコメント「エリクソンに当てられた」
撤去の難しい箇所で止まってしまったため、更にセーフティーカー延長。

残り4周となったところで再スタート。
1コーナーでベッテルがボッタスのインを突くがオーバーシュート。
ベッテルは4位まで転落した上、フラットスポットを作ってしまい、ペレスにも抜かれてしまう。

これでボッタスの優勝が見えてきたかと思ったところで、その周のメインストレートエンドでデブリを踏んでしまい、タイヤがバースト。
ボッタスはリタイアとなってしまう。

これでハミルトンがトップに浮上しそのままゴール。
2位にライコネン、3位にペレスが入り、アゼルバイジャン2回目の表彰台。
4位にベッテル、5位にサインツ、6位にはザウバーの新人ルクレールが入り、ドライバー・オブ・ザ・デイにも選ばれた。
7位にはいったんは最下位に落ちたアロンソ。これで7戦連続入賞。8位にストロールでウィリアムズは今季初入賞。
9位にバンドーンが入りマクラーレンは2台とも入賞。10位にハートレーが入り初ポイント。
ガスリーは、最後のセーフティーカーからの再スタート時にマグネッセンとの接触でクルマにダメージを負っており12位に終わった。

« F1-2018開幕戦を終えて | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11335/66669484

この記事へのトラックバック一覧です: 2018F1R4 アゼルバイジャンGP:

« F1-2018開幕戦を終えて | トップページ

聴きました。

  • レミオロメン: ether「エーテル」 (★★★★)
  • 平井堅: 歌バカ (★★★★★)
  • ORANGE RANGE: NATURAL (★★★)
  • L'Arc〜en〜Ciel: AWAKE (★★★★)
  • スキマスイッチ: 空想クリップ (★★★★)
  • Mr.Children: I love U (★★★★★)
無料ブログはココログ